<< MacBook Proの容量を安く増やす方法はこちら!

初心者の米国株式投資【その28】 2022年4月の運用結果

初心者の米国株式投資【その28】 2022年4月の運用結果

まいど! 「ねこまにあ」です。

米国株の積立投資をしているブロガーさん達はたくさんいますが、皆さん資産総額数千万とか、億超えとか現実離れしています。

普通のサラリーマンである私は、タバコは辞めれてませんが、パチンコを辞めたことで普段の支出を抑えたことと、コロナの影響で飲みに行く機会が減ったことにも後押しされ、投資資金を捻出することでコツコツ地道に積立を続けています。

2022年になり積立期間も3年目になりましたが、今までと変わらずこれからもコツコツ続けていきます!

果たして、こんな私でも将来資産を築くことができるのでしょうか!?

積立ててる株は?

私が保有しているのは上記円グラフの17銘柄です。

ベライゾンコミュニケーションズのスピンオフに伴い、ワーナー・ブラザーズディスカバリーの分配を受け取りました。

これら17銘柄は比較的有名な大手企業で、その中でも配当利回りが高い銘柄を選定しています。大きな成長は期待できませんが長期的に安定した業績と配当が期待できます。

また、どの時代にも必要とされる可能性が高い銘柄を選定しているため、私の投資スタンスはこの株をただひたすら買い増すのみです。

そんな中、2022年4月に買い増したのは以下2銘柄です。

  • USバンコープ  7株
  • スリーエム    2株

最近は毎月この2銘柄を買い増しています。

スリーエム、USバンコープともに保有割合を合わせるために買い増しています。

一方で、キンドリル、AT&T、シェブロン、ベライゾンコミュニケーションズ、ワーナー・ブラザーズディスカバリーの5銘柄は追加購入を控えています。

現在の資産状況は?

評価額は「特定預り」「一般預り」「NISA預り」を合わせて40,444.25ドル(5,274,333円)です。

2022年4月は、637ドル分買い増しました。

2022年2月の評価額は40,520.65ドル (5,014,024円)だったため、評価額は76.40ドルの減となっています。 ところが、円安の影響で円換算評価額は260,309円の増と、なんとも恐ろしいことになっています。

先月は1ドル123.74円だったものが5月2日時点で130.41円まで円安になっています。 いつまでこの円安が続くのか心配です。

配当はどれだけもらった?

2022年4月の配当金は、合計61.92ドルでした。

安定した配当が期待できる企業に絞って投資しているため、まだまだ少額ではありますが配当を受け取ることができています。この配当金をさらに再投資することで複利効果が得られ、資産の最大化を狙うことができます。

今は保有資産も配当金額も少ないですが、忍耐強く積立投資を行い、更に企業から得られる配当金を再投資することで資産の最大化を狙っています。